後藤浩二公式サイト

プロフィール Biography

後藤浩二

後藤浩二(ごとうこうじ)
 ピアノ・鍵盤ハーモニカ・作曲

1973年、名古屋市出身。父親の影響で4歳よりクラシックピアノをはじめ、高校時代にBill Evans(p)の演奏を聴き、ジャズに興味を持つ。南山大学入学と同時にジャズピアノをはじめ、在学中より名古屋市内のライブハウスを中心に演奏活動を開始し、大学卒業と同時に小濱安浩(ts)カルテットでプロデビュー。

2002年、自主制作にて、島田剛(b),黒田和良(ds)とのトリオで初リーダーアルバム「A Wonderful Time」をリリース。

2003年、同メンバーでNewburry Street Music よりセカンドアルバム「Reminiscence」をリリース。

2004年、小曽根真プロデュースによる日本を代表するジャズボーカリスト伊藤君子のアルバム「一度恋をしたら~Once You've Been In Love」(VIDEOARTS MUSIC)に6曲参加。

2005年、J-POPシンガー 竹井詩織里に提供した楽曲(Princess Anne が くちなし という曲名に変更)を含むサードアルバム「Azul」をSwing Cat's Recordsよりリリース。

2005年4月、名古屋ブルーノートにてサードアルバム「Azul」発売記念ライブを行う。

2005年11月4日、三井住友海上しらかわホールにて初のソロリサイタルを行う。

2006年、前年のソロリサイタルの模様を収録した初のピアノソロアルバム「一期一会~しらかわホールの後藤浩二~」をJazz inn Lovely Label よりリリース。

2007年3月、ジャカルタで開催された「Jakarta International JAVA JAZZ Festival 2007」にHarvey Mason(ds)とともに"後藤浩二トリオ"として出演、好評を博した。

2007年4月、VIDEOARTS MUSICよりプロデューサー&ドラムスに世界最高峰のアーティスト Harvey Mason、ブラッドメルドーのトリオでも活躍中いま世界で最も旬なベーシスト Larry Grenadier を迎えた、ニューヨーク録音による5枚目のアルバム「hope」をリリース。2007年10月Harvey Mason(ds)とともに「hope」発売記念日本ツアーを行う。

2007年12月20日、電気文化会館ザ・コンサートホールにてソロリサイタルを行う。

2008年~2011年、自作曲「Princess Anne」がCM 「メーテレ八事ハウジング」(名古屋テレビ)のCMソングに採用される。本人も出演。

2008年12月19日、宗次ホールにて弦楽4重奏を交えてソロコンサートを行う。

2009年10月、岡田勉(b),江藤良人(ds)とのトリオ「the EROS」のライブアルバム「Quiet Thrill」をリリース。

2009年12月、前年の宗次ホールでのソロコンサートの模様を収録したアルバム「後藤浩二 ソロコンサート」を爽健美舎SKBよりリリース。

2009年12月26日、服田祐生子(vo)、ロックバンド「SPYAIR」のボーカル IKE、AKIKO(vo)、矢野沙織(as)、弦楽四重奏をゲストに迎えて爽健美舎SKB主催によるライブ「Koji Goto year end live 2009 sparkling piano」を名古屋ブルーノートにて開催。

RADIO-i のFMジャズ番組「R-i JAZZ」のパーソナリティーも担当。

2010年、NHK番組「さらさらサラダ」に出演。

2010年3月、the EROS の全国ツアーを行う。

2010年~、毎年栄ミナミ音楽祭に出演。

2010年、2011年とap Bank Fes2010に出演。

2010年10月、森久子(vo)とDUOアルバムのレコーディング&アルバム「Like a Speak」をリリース。

2011年~14年、Keiko Lee(vo)デュオツアーに参加。

2014年5月に8枚目のリーダーアルバム「ONTOLOGY」をリリース。

2015年3月に全編ソロピアノによるオリジナル楽曲中心のアルバム『LaRencontre~めぐり逢い~』を発表。

2015年、テレビ塔にて「La Rencontre~めぐり逢い」CD発売記念コンサートを開催。

2016年10月~、CBCラジオ『後藤浩二 ジャズ魂~あなたと夜と音楽と~』のパーソナリティを務めている。

現在は名古屋を拠点に国内外で精力的に演奏活動・作曲活動を続けている。

Koji Goto : Jazz Pianist/Composer

Born in 1973, Nagoya.

Influenced by his father, KOJI began classical piano training at the age 4. He devoted himself into Jazz piano and started playing at Jazz clubs while he attended Nanzan University as a pre-law major. KOJI started to release original albums every year since 2002, and in 2004, he participated in the KIMIKO ITO's (vo) album "Once You Have Been in Love"(2004/VIDEOARTS MUSIC) produced by MAKOTO OZONE for 4 songs. He gradually developed his carrier year after year. In 2007, having Harvey Mason (dr) as a producer, KOJI recorded a trio album "hope" in New York with Larry Grenadier (b), Brad Mehldau’s right hand and the album created a big buzz. Jazz vocalists has a greater respect for KOJI and he participated in many of their albums. KOJI often plays with classical musicians, his sixth album “KOJI GOTO Solo Concert with Strings”(2009/ SOKENBISYA) was recorded in the live with classical musicians at the MUNETSUGU hall.

In March 2015, Koji released a solo piano album "La Rencontre" , consisted of mostly his originals pieces.

KOJI has many appearances on TV advertisements and radio programs as a radio personality. Based in Nagoya, Japan, as a composer and Jazz pianist, he maintains a vigorous schedule for performances both domestically and internationally.

inserted by FC2 system